2016年02月27日

ぱぱぱっと2016年J2の順位予想

忙しさにかまけていたら結局もうJ2開幕やん!
というわけで復習用にとにかく順位予想だけを残しておくことにします。
具体的な中身とかは復習のときにでも!





1.清水エスパルス
2.セレッソ大阪
3.京都サンガ
4.ジェフ千葉
5.松本山雅FC
6.モンテディオ山形
7.V・ファーレン長崎
8.愛媛FC
9.ギラヴァンツ北九州
10.コンサドーレ札幌
11.徳島ヴォルティス
12.ファジアーノ岡山
13.東京ヴェルディ
14.町田ゼルビア
15.ロアッソ熊本
16.横浜FC
17.カマタマーレ讃岐
18.ツェーゲン金沢
19.FC岐阜
20.水戸ホーリーホック
21.レノファ山口
22ザスパクサツ群馬


自動昇格を確実に争いたいのが清水、セレッソ、という資金力に優れた2クラブ面々。
ここをはずしにいくというのも、昨年を考えるとかなりちらついたというより考えました。
が、あえて外しにいってどこいれるかというとうーん、というところ。
自動昇格をにらみつつプレーオフ圏は確保したいのがジェフ、松本、山形、京都のJ1経験クラブ。
京都は菅野獲得がかなりインパクトが大きいですね。石丸監督になってから、負けないチームにはなっただけに今年は一歩進んで勝ち点3を奪えるクラブになったかどうか。
ジェフはがらがらポンがうまくいくかどうか。
松本は反町さんのJ2再挑戦が今度はうまく行くのかどうか。
山形は大黒が入りました。が、ここ数年大黒の結果がチームの成績に直結していないところがあるので、イコールで即昇格候補とは言えないというか。逆に若干の疑念が生まれていますが大黒は今度こそチームを昇格へと導けるのかどうか。
プレーオフ圏内獲得をしっかりと争いたいのが愛媛、長崎の昨年プレーオフを争った2クラブと、北九州。
札幌、徳島、岡山もしっかりとした戦力補強を実現しておりこのくらいまでは昇格争いをできなければ失敗のシーズンといえるチームではないでしょうか。
ヴェルディとゼルビアの東京2チームが躍進を伺う枠。
昨年躍進の金沢ですが、昨シーズンの後半戦の戦績を考えると今年もまずは残留を狙うシーズンになりそうです。
不気味なのは讃岐。長身フォワードミゲルが当たれば堅守からの鋭い攻撃でJ2をかき回す存在になりそうです。
全体みると、良くも悪くも混戦状態なのは今年も変わらないというか、年を経るごとに予想が難しくなっていくような気がします。
それじゃ、取り急ぎで!
posted by 鍵銛右京 at 10:46| Comment(0) | 多分サッカー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください